食事の時の話

おはようございます。
我々夫婦は、しかるべきグレードのレストランなどで外食する際、食事と食事の雰囲気を楽しみながら、会話でも楽しもうと話しています。
過去のテーマは、
男と女の美意識について
行きたい旅について
結婚して思うこと
最高の料理について
などなどを食事を楽しみながらはなしてきました。
嫁のヤツ、どこそこのケーキは美味しい、などという浅薄な話をすると途端に不機嫌になります。
いわゆる報告の話なら空いた時間にすれば良い、大切な時間には大切な話がしたい、というのが嫁の思う食事と共に楽しむ会話なようです。
もちろん私も応戦しますよ。
そういった場では自論を展開します。
来たる強羅旅行の初日、強羅の名店イトウダイニングバイノブを訪れます。
そこで料理を楽しみながらのお題はもうきめてあります。
テーマは、強羅との出会い。
思えば嫁と初めての旅行は箱根。
次からは強羅まで登山鉄道に揺られながら強羅の地を踏みました。
楽しい思い出いっぱいです。
新婚旅行も強羅でした。
結婚式しなかったので、強羅の写真館で写真撮ってもらいました。
以後毎年強羅を訪れて写真を撮ってもらってます。
これから先も秋の強羅旅行大切にしたいですね。
我々夫婦の原点。
それは強羅の地で培われたお互いを大切に思う想いに尽きると思います。
なんか今日はマジメになっちゃったけど、嫁には自分のことを強羅マスター、なんて言ってます。
嫁も強羅のエキスパートになりつつあります。
しかし、私にはまだ萩マスター、ゲームマスターの一面があります。
まあいかに遊んできたかというあまり褒められない話。
強羅旅行まであと20日あまり。
今年もまた楽しく10年後に思い出に残る旅行としたいと思います。
B340E9A3-CD53-4CB2-8CAD-134C6F76B1AA.jpeg68E1DD18-921A-44D2-92A9-70E613EF8CCD.jpeg7DC2264F-E658-4497-BE11-6F88D91D4D49.jpeg